フォト

最近のトラックバック

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

2015年4月17日 (金)

新築マンションの予想眺望の撮影 By DJI Inspire1

気圧配置が不安定な中、時折強風が吹いていたけど、何とか安定した映像が撮れました。
Inspire1の強い風への安定性をあらためて知った感じです。

設計図にもと続き、撮影ポイントを決め、各階毎の予想眺望や最上階での360度の撮影の他、高度約120mまで上昇し、周辺環境の撮影も行いました。
こういった作業で一番時間がかかるのは、敷地内に設計図にもとずき撮影ポイントのマーキングを蛍光塗料を使って行う作業と、高度設定確認のために地上から1.5mの高さでの標識の設置。
これらの作業が終われば、それぞれのポイントから離陸し、同時に高度記録のためにATOMOS NINJA STARを使ってiOSD(高度、方位などのデータ)を同時に記録することになります。
こういった映像を合成し、各階の予想眺望の書き出しを行っていくことになります。

不安定な天候状況の中、無事に空撮作業は完了しました。

2015年4月12日 (日)

芝桜の里の小さなお祭り

芝桜の満開になっている群馬県板倉町下五箇の里の小さなお祭りを取材しました。
使ったマルチコプターはInspire1。
4Kで空撮したのですが、自宅のMacBook Airはパワーがないので、HDで編集。

家々の庭や道路際に芝桜がきれいに咲いていました。
ちょうど大杉ばやしというお祭りの日で、小さな神輿と太鼓が鳴らされていました。
昨年までは神輿は担いでまわったそうですが、今年から軽自動車に乗せてまわることになったそうです。

マルチコプター(ドローン)は最近ではマスコミなどに結構出てくる話題で、そういうものの存在を知ってる人が多くなっていますが、実際の機体を見たのは初めてだったとここの地の人たちに口々に言われました。
小さなお祭りでしたが、人々はそれなりに楽しんでいました。

そして寄せてもらったお宅の庭でバーベキューが行われ、沢山ごちそうになりました。
有り難うございました。

2015年4月 6日 (月)

林明輝(りんめいき)カメラマンが日本初の「ドローン」写真集を発売

平凡社から「空飛ぶ写真機」というタイトルで来月に発売されます。

昨年の5月に共同通信社から「雪氷の滝つぼを空撮 白山山麓「幻の滝」」という映像が出ており、1969年生まれの林明輝カメラマンの撮影によるもので、ちょっと関心をもって見ていたのです。

使っている機体はアメリカのFREEFLY社のもので、レンズもズームコントロール出来るようになっています。

また写真展も来月から銀座をスタートし、来年の3月に至るまで全国で開催されます。

個人的には空撮では動画がほとんどなのですが、静止画も興味があるので、出来れば写真展に出向いてみようと思っています。

2015年4月 3日 (金)

根木内歴史公園の桜満開 By Inspire1

松戸市にある根木内歴史公園の桜が満開になったので、Inspire1で空撮しました。
この歴史公園は多くのサポーターによって管理運営され、手入れが行き届いており、ゴミ一つないところです。

夏休みなどはここの湿原の中にいるザリガニを捕るための小枝で作った竿をサポーターの方が子供達のために用意しています。
そしていろいろな昆虫や水鳥やサギなど多くの野鳥も見ることが出来ます。
また定期的に松戸市にある千葉大の園芸学部が企画し、この公園の草花や野鳥の観察会も行われています。

戦国時代の城跡であるここの歴史遺産は小さい面積ながら豊かな自然環境を有しており、子供達の自然教育にとってとても良い公園といえるでしょう。

2015年3月31日 (火)

早春の北海道 By Inspire1 & Phantom2(GoPro HERO4 BK)

今回の北海道ツアーの空撮映像を風景を中心にまとめてみました。
使用した機体はInspire1Phantom2(GoPro HERO4 BK)。

データ総量約120GBを読み込んで編集したけど、Final Cut Pro Xでトランスコード(圧縮動画の圧縮解除と再エンコード)により、編集データは500GB近くになってしまった。
4K Videoの編集には大量のデータをカバーするHDDが必要なのが良く分かった。

まあ、それはともかく、早春の北海道は観光客も少なく、一方野生動物たちはノンビリとしかし発情期のためか元気に動いていた。
春の近い北海道をどの程度表現できたか分からないけど、動物たちのマルチコプターに対しての反応が少しは分かったので、次の撮影ではその点を考慮に入れて、もっとダイナミックな映像が撮れるようにがんばりたい。

そして次はカラフルな北海道のイメージを追っかけてみたいな。
このムービーの撮影場所は鶴居村屈斜路湖硫黄山野付半島、走小丹、風蓮湖霧多布湿原別寒辺牛湿原

2015年3月27日 (金)

北海道鶴居村のタンチョウ By Inspire1

Inspire1の空撮映像とSONY α7Rの陸上映像を折り込んで編集。

鶴居村のHOTEL TAITOに宿泊し、日の出前の朝5時にホテルを出発し、タンチョウのねぐらへ向かう。
ほとんどのタンチョウはすでに起き出していて、寝ていた川の中から雪原に上がってきていた。
しばらく雪原で目覚めの軽い運動をしてから、徐々にエサ場へ向かって飛んで行った。

空撮をして意外だったのは低空で接近してもほとんどのタンチョウが変化を示さなかったこと。
そして空中でホバリングしていても、こちらの機体の姿やプロペラ音を気にしないで、直下を順次飛行していったこと。
普段から人間社会と接している機会が多いことが原因として考えられるけれども、あくまでも野生動物なので普段とは違う物体や音には敏感なはずなんだけど。

2015年3月26日 (木)

早春の北海道のエゾシカの群れ By Inspire1

早春の北海道は走小丹。
まだ森の中は雪に埋もれており、食草はその深い雪の下にあるため、エゾシカたちは雪が融けだしてきている湿原に食事をするために沢山でてきます。
湿原では草や海岸べりでは海草を食べることが出来るからです。

Inspire1でそのエゾシカたちの群れを追ってみました。
機体の飛ばし方によっては、エゾシカたちの反応が違っていたのは面白かった。

この場所は狭い陸地で周囲を海に囲まれており、穏やかな早春の日といっても、吹き抜ける風の強さが印象的で、その分体感温度もぐっと下がり、コントローラのスティックを動かす指がその寒さで凍えそうだった。

2015年3月25日 (水)

早春の釧路湿原の空撮 By Inspire1

北海道空撮ツアーのうち、釧路湿原に絞って編集しました。
広い釧路湿原の5カ所のポイントから空撮した映像。

機体はすべてInspire1を使用。
カメラが4Kのおかげで、冬のために葉が落ちた木々の細かい枝振りをしっかりと描写してくれています。
あと2ヶ月もすれば湿原の花が順次開花を初めてくるでしょう。

2015年3月23日 (月)

Inspire1 VS Phantom2

今回の北海道ツアーにInspire1Phantom2(Lightbridge+GoPro HERO4を装備)を持っていきました。
Phantom2を持っていったのは、プロペラ音がInspire1に比べ静かなので、動物相手の空撮だとPhantom2の方が刺激を与えないので良さそうだという点と、万一Ispire1が墜落し飛行不能になった場合のピンチヒッターという目的があったのです。

結果的には動物相手だとInspire1もPhantom2も関係なかったようです。
動物たちの耳の聴感能力は人間よりはるかに高く、Phantom2のプロペラ音でも高く遠くから飛ばしても敏感に反応していたし、高度を上げてのホバリング状態でも同じ結果でした。
さすがに野生動物の能力の高さには感心。

そんなわけで、ツアーの後半はほとんどInspire1を使うことが多かった。
Phantom2に比べてInspire1のメリットは飛行開始前の作業がシンプルである点、海岸べりの強風が吹き荒れてる場所での飛行の安定性、飛行中での露出補正などのカメラコントロールの可能な点、飛行時間が長い(18分以上)のでホバリング状態で動物の動くのを余裕を持って待機できる点、そして4K(ハイビジョンの4倍の画素数)での画角、etc.で、Phanton2にはオプションでDJI LightbridgeGoPro HERO4 BKFUTABA T14SGを追加しているため価格差はほとんどないものの、今回は動物空撮に関してはInspire1に軍配。

問題はInspire1は完成品のために墜落などで機体が損傷した場合にはメーカー(中国)に送らないとダメな点ですが、最近ようやく交換パーツが出てきたようなので、自分で修理が出来るのは近いかも知れない。
今後も風景撮影以外に動物撮影にInspire1を使っていき、空撮レベルを上げていこうと思ってます。

Dsc05949

Dsc06005

Dsc06195

Dsc06211

Dsc06338

Dsc06359

Dsc06431

Dsc06516

2015年3月22日 (日)

北海道6日目(鶴居村・釧路湿原)

今朝は5時にホテルを出て、クチョロ川へ、タンチョウの空撮に向かう。
100羽ほどのタンチョウが起き出して、川に沿った雪原に集まっていた。
まずは低空で接近し、その後しばらく経ってえさ場へ飛び立つ群れの飛行をホバリングして待機。
一部は雁行になって機体の下を順次飛び去って行った。

この後、ホテルに戻り温泉に入浴後、朝食を取る。
朝食後、釧路湿原に向かい、エゾシカの姿を空撮で追いながら、湿原の風景を空撮。
そして釧路湿原を移動し、別のポイントから釧路川の曲がりくねった姿を空撮。

この3回の飛行はすべてInspire1を使用。

これでこのたびの北海道空撮旅行は終了。
友人の機体も含めてPhantom2とInspire1は無事帰還し、ほとんど問題は起きなかった。

現在釧路空港。
今回のツアーをサポートしてくれたネイチャーガイドの若狭正信さん、有り難うございました。

明日からはまた、仕事だ、頑張らなくては。

[追記]
ネイチャーガイドの若狭政信さんの写真展
2015.8.12より、リコーイメージングスクエア新宿で開催されます。
テーマは「シマフクロウ」

Dsc06443

Dsc06460

Dsc06471

Screenshot_20150322100433

Dsc06493

Dsc06482

Dsc06513

Screenshot_20150322121913

«北海道5日目(風蓮湖・霧多布湿原・別寒辺牛湿原)